設立の背景

昨今、ネットサービスの普及により、投資などの行為を行う障壁が下がる事象が発生しております。
その中で個人がインターネット経由で他の人々や組織に、財源の提供や協力などを行う
「クラウドファンディング」が世界的に注目されてきております。

この流れをうけて、クラウドファンディングサービスを展開する事業者が増えてきておりますが
まだ明確な運用基準や指針などが策定されていない為、様々な課題が発生する懸念が広がっております。

このような懸念点を抱えたままでは、クラウドファンディング市場の発展に影を落とすという意識から
クラウドファンディング市場・業界を安心、安全に発展させる為に当協会を発足させるべく準備室を立ち上げました。

クラウドファンディングとはなにか?

「一般個人から資金調達が可能なオンラインプラットフォーム」となります。

クラウドファンディングという言葉は
「Crowd」(=群衆)と「Funding」(=資金調達)を掛け合わせた造語です。

クラウドファンディングの種類

大きく3つに分類されております。

寄付型クラウドファンディング・・・リターンを一切求めないタイプ

寄付型クラウドファンディング

 

購入型クラウドファンディング・・・作品や招待、ノベルティ、サービス、商品自体など金銭以外のリターン

購入型クラウドファンディング

 

金融型クラウドファンディング(投資型・貸付型・エクイティ型)・・・金銭的リターンのタイプ

投資型クラウドファンディング

 

エクイティ型クラウドファンディングとは?

安倍政権が進めようとしている事でエクイティ型のクラウドファンディングには
特に注目が集まっております。

現在議論されているエクイティ・クラウドファンディングとは、インターネットを通じて
「誰でも」「未公開企業に」「エクイティの形態で」投資することができる枠組みとなります。

対価は主に、下記2種類にて提供されます。

  • ① 投資家が資金需要者である未公開企業の株式を保有する形態
  • ② 株式はクラウドファンディングサービス事業者が保有し、
          投資家はこれに対するファンド持分を保有する形態

これには様々な観点からの詳細な検討が必要であり
まだ現状では多分にリスクを含んでいる状態といえます。