クラウドファンディング協会サイトをオープンいたしました

この度『GREEN FUNDING』の運営元である株式会社ワンモア(東京都目黒区 代表取締役CEO:沼田 健彦 以下ワンモア)とイー・ガーディアン株式会社[マザーズ6050](東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下イー・ガーディアン)は、クラウドファンディング市場・業界を安心・安全に発展させることを目的とした「クラウドファンディング協会」設立に向けた準備会を発足いたします。

クラウドファンディングサービスの基本方針を定める協会は日本初となります。
なお、今回は事前準備会となります。年明けにはクラウドファンディングサイト運営を行う各事業者等と共に協会を正式に発足することを目指します。

<協会の活動内容>

【背景】
昨今、インターネットサービスの普及に伴い、投資などを行う障壁が下がってまいりました。
そのような中で、個人が他の人々や組織に、インターネット経由で財源の提供や協力などを行う「クラウドファンディング」が世界的に注目されつつあります。

この流れを受けて、クラウドファンディングサイトを運営する事業者が増えてきておりますが、現状ではサイトの健全な運営ノウハウや指針などが定まっておらず、今後さまざまな課題が発生することが懸念されます。

上記現状を受け、モール型クラウドファンディングサイト『GREEN FUNDING』を運営し、企業にクラウドファンディングシステムのASPパッケージを提供しするワンモアと、「投稿監視」「掲載審査」などを長年提供してきたイー・ガーディアンが中心となり、企業向けにクラウドファンディングサービスを提供する事業者やクラウドファンディングの有識者・専門家らと共に「クラウドファンディング協会」準備会を発足させることで、クラウドファンディングサービスのより安全・安心な活用を啓蒙していくことを目指します。

【クラウドファンディングとは何か?】
クラウドファンディングという言葉は、「Crowd」(=群衆)と「Funding」(=資金調達)を掛け合わせた造語です。

「一般個人から資金調達が可能なオンラインプラットフォーム」を意味します。

【クラウドファンディングの種類】
「クラウドファンディング」は、主に下記の3つに分類されます。

1:寄付型クラウドファンディング…リターンを一切求めないタイプ
2:購入型クラウドファンディング…作品や招待、ノベルティ、サービス、商品自体など金銭以外のリターンが発生するタイプ
3:金融型クラウドファンディング(投資型・エクイティ型・貸付型)…株や利益配分など、金銭的リターンが発生するタイプ

【エクイティ型クラウドファンディングとは?】
上記クラウドファンディングの中でも、安部政権が設置した規制改革会議においてとりあげられたことを契機に、金融型クラウドファンディングの「エクイティ型」に注目が集まっております。

現在議論されているエクイティ型クラウドファンディングとは、インターネットを通じて「誰でも」「未公開企業に」「エクイティの形態で」投資することができる枠組みとなります。
対価は主に、2種類の方法にて提供されます。
① 投資家が資金需要者である未公開企業の株式を保有する形態
② 株式はクラウドファンディングサービス事業者が保有し、投資家はこれに対するファンド持分を保有する形態株式または株式保有権の形式で即時リターンを提供するエクイティ型クラウドファンデングは、将来金銭的なリターンを提供することをうたう投資型クラウドファンディングよりも調達&投資が気軽に行え、さらなる金融市場の流動化が期待できるます。
一方で寄付型・購入型等クラウドファンディングとは違い投機的な性格も持つため、投資家保護などの観点から、より踏み込んだリスク対策が必要だと考えられています。

【準備会幹事】
・GREEN FUNDING(株式会社ワンモア)
・イー・ガーディアン株式会社

【準備会メンバー】
・FAAVO(株式会社サーチフィールド)
・増島弁護士(森&濱田弁護士事務所)
・山本純子(株式会社アーツ・マーケティング 代表)

【本件に関するお問合せ先】
クラウドファンディング協会
Mail:  info(アットマーク)safe-crowdfunding.jp